2009年4月1日


我々は違法コピーはやっていない!
海賊関連団体がメディア企業を名誉毀損で提訴


船舶などをねらった海賊行為が問題となっているソマリア沖で海上自衛隊による護衛活動が始まったが,そんな中,海賊組織の首長らからなる世界海賊代表者評議会は1日,日本を含む複数の国のメディア企業を,名誉毀損で提訴すると発表した。

これは,メディア企業が新聞やテレビなどにおいて,書籍や音楽,映画などを違法にコピーすることを「海賊行為」と表現していることに対するもの。「海賊行為」により作られた書籍やCD,DVD等は「海賊版」と呼ばれている。

評議会のメンバーで海賊のジャックス・パロウ船長は,「我々は,武力を使って金品や船舶を略奪したり,人質をとって身代金を要求することはあるが,違法コピー行為は行っていない。著作権法は複雑で分かりにくく改正も多いが,常に勉強し遵守している。にもかかわらず,違法コピーに対して「海賊」という言葉を使用することは許せない。我々の名誉をひどく傷つけるものである」と主張している。

さらに評議会は,日本の漫画家および米国の映画制作会社を対象に,不当利得返還請求でも提訴する予定だ。これは,漫画家や映画制作会社が,海賊の許可を得ることなく「海賊」をテーマにした作品を制作し,不当に利益を得ているというもの。

パロウ船長は,「我々海賊をさんざん批判しておきながら,一方で「海賊」を使って利益を得ている。これは許されないことだ。「海賊」ブランドは我々の知的財産である。不当に得た利益は返還してもらう」としている。

これに対しある漫画家は,「わたしの作品に出てくる海賊たちはわたしが創作したものだ。そもそも,現在の海賊を見ても,ドクロの旗もなければ黒い眼帯をした船長もいない。また,わたしの作品の海賊は人質をとったりはしない。信念を持った誇り高い人物で私の友人だ。全く別物である」とコメントしている。

評議会が提訴した企業,漫画家はこちら


※ニュースリリース ※関連リンク